ブランドが暗にアフターマーケットを育てる戦略

相変わらずブランドのバックを持ち歩くことがブームですが、人と同じものはいらないよという人には、バッグに手を加えてオリジナルモデルにするのはいかがでしょうか。一時ネットでバッグを改造するのが流行りましたが、工作する機器を使えば個人でもオリジナルに加工したバッグを作ってしまう事が可能です。誰でも個性的なものを持ちたいですよね。そういう需要を考えるといろいろ改造するのもわかる気がします。たとえばブランドの戦略として、暗にアフターマーケットを活気づかせる工夫をするのです。わざと簡単に改造出来るように、いろいろと仕掛けておくのです。世間で改造が認知されていくと、またそういう新しい需要で買い求めようという意欲につながることもありますよね。そういう需要を掘り起こすことでシェアを広げていくこともありでしょう。

ブランドが暗にアフターマーケットを育てる戦略

お米のブランドも戦略しだいでうまく宣伝できる

お米のブランドをインターネットを含めた情報源でうまく宣伝することが出来たら売上も変わってくるはずです。お米は店頭で選ぶのが前提ですから、その場で決めてしまうことが多いのです。これでは出たとこ勝負で終わってしまいます。作り手の苦労がちゃんとリアルな感じで伝わりにくいのが現状です。こちらが本気になって取り組んでいることを伝えなければ、何も消費者には響きません。テレビなどではブランド名を連呼するパターンが見受けられますが、消費者が本当に知りたいところはそこではないのです。なぜおいしいのか、なぜ安全なのか納得のいく情報があるのがいいですね。価格などの気になる情報も得たいところです。まだまだ伝えていないことがいっぱいあることでしょう。戦略としてインターネットを活用して、うまく宣伝することがこれからのスタイルでしょう。

回転すし業界のブランド力と戦略

ブランド力とは高価なものや有名なものやリッチなサービスだけを指すものではありません。回転ずしのような廉価な商品を提供する産業もブランド力は重要になってきます。ただ、そこには差別化の難点が潜んでいます。どのようなサービス・商品を他社と差別化して戦略的に優位性のあるブランド力を構築していくかは非常に重要な観点であり、実は、そのスタートで着目点を誤ると成長はなくなります。着眼点はやはり、現在の経済状況や社会の関心が集まる話題に注目することが大切です。例えば、ある回転すしチェーンは、無添加のような食品の安全性を他社との差別化としています。これも、中国産食品の安全性の問題点が話題になっていることから着目点としては時流に合っていることでしょう。また、あるチェーンは色々な調味料を用意して、食を楽しむことを工夫することで事業を拡大しています。ここも、純粋に美味しく、費用対満足度は非常に高く、デフレ時代の時流に合っています。やはり、事業拡大が進んでいる会社は、時流に合った戦略をとっていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*