ブランドの販売戦略について

洋服を買いに行くと販売員の方から気になっていた商品に似合う別の品の紹介などをされたことはないでしょうか。現在顧客増加がなかなか見込めないことで既存客に対しての客単価をあげる為の戦略を各ブランドごとで実施している現状です。自分のお店で商品を購入して頂けるということはそれだけそのお店に興味があるということなので、お勧めをすることで気に入って頂ける可能性がある為多くの販売員は日々お客様へのコーディネイト提案を積極的に行っているのです。実際、日々お店の商品を見ているスタッフはその商品の利点、懸念点をきちんと把握している為戦略のひとつとはいえ質問にはきちんと対応をしてくれます。自分でコーディネイトを考えるのが苦手な方などは店員の方にアドバイスを求めることで自分に似合った商品の提案をしてくれる為、活用してみても良いかと思います。

ブランドの販売戦略について

面白CMも立派なブランド戦略

TVを見ていると面白いCMがいっぱいありますよね。中には、シリーズになっていて続きが気になってしまうようなCMまでありますし、とにかく笑えるようなCMも多いです。普段なにげなく見ているこんなCMですが、思えばこれも立派なブランド戦略の一つなんですよね。こういったCMから流行語が出てきたりもしますし、そうなるとそのキーワードを耳にしただけでそのブランドがすっと頭に浮かぶようになります。今までのCMの中にも、そういったものがたくさんあったと思います。そう思うと、TVがさほど見られなくなったという現代にあっても、CMというちょっとした宣伝がかなり大事なことが分かりますよね。たまに、一体どこの企業のCMがまったく分からないまま進むCMもありますが、あれも一つのシンプルなブランド戦略なのでしょう。色々考えると奥が深いですね。

輸入品で重要になるブランド戦略

日本人は、物に対するこだわりが強い国民性を持っています。その為、殊に高額商品となると、様々なジャンルにおいてブランドイメージが要求される傾向があります。従って、メーカーには然るべきブランド戦略が求められます。特に海外メーカーに対しては高いイメージを求める傾向が強いので、日本市場に参入する海外メーカーは、そうした日本市場の特徴を念頭においた戦略を求められます。例えば、自動車産業などは、その最たる例です。日本人は、昔から輸入車に対して特別なイメージや思い入れを持ってきました。輸入車イコール高級品というイメージが強いので、単に品質さえ良ければ売れるという訳ではありません。そこには、高いイメージ性が求められるのです。例えかなり高額だとしても、そうしたイメージが消費者に定着していれば、車は売れるのです。海外メーカーは、このような日本市場の独自性をしっかり認識する必要があります。