プロとして働くために大阪のアロマスクールで学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマテラピーを専門のスクールで学び、資格を取得した人は、何らかの形でアロマに携わる仕事に就いています。取得した資格によって活動範囲が異なるため、それぞれのスキルに応じた仕事となりますが、もっともベーシックな資格であるアドバイザーの場合、ショップに勤める人が多いようです。大阪には、アロマグッズを取り扱うショップがたくさんあります。植物の香り成分を調合したエッセンシャルオイルと、オイル用のアイテムが並び、店員の豊富な知識で業務が成り立っています。香りを拡散させるディフューザー、オイルをたらして使うストーンなどが人気の商品です。
インストラクターやセラピストの資格を持つ人は、サロンでトリートメントの技術を提供しています。訪れる人の症状に合わせてオイルを選んだり、選んだオイルを使って全身をマッサージしたり、実践的なリラクゼーションを行います。

就職をサポート

大阪のアロマスクールは、受講者一人ひとりに手厚いサポートを行っています。入校希望者には、無料説明会やオープンスクールが実施されており、資格とコース選びに役立つアドバイスがなされます。AEAJ認定スクールなら、働きながら、あるいは子育てしながら勉強したい人が無理なく受講できるよう、さまざまなライフスタイルに合わせたスケジュールがプランニングされています。
在校中にカリキュラムを振り替えたり、休学できる制度を設けたスクールも見られます。カリキュラムを修了し、資格を取得した人には、提携する機関の求人が開示されます。ショップ情報はもちろん、サロンやスパを経営するスクールもあり、ショップで知識を活かして働きたい人、サロン勤務を希望する人は要チェックです。

自宅開業への道

ショップやサロン勤務の他、アロマセラピストの資格取得者には、自分自身のサロンを開業するという選択肢があります。大阪のスクールは、こうした開業志望へのサポートも積極的に行っています。
サロンの開業は、店舗賃借と自宅開業とに大きく分けられます。家賃や人件費を考慮しなければならない店舗開業に比べ、自宅開業は手軽に始められるメリットがあります。開業に必要な道具や商材を、卒業したスクールで調達できる場合もあり、準備期間や費用を最小限に抑えることができます。また、集客や広報のサポートを受け、サロンの規模を拡充する道が開けています。自宅開業は、自分の思い描く理想のサロンを実現するチャンスとなります。