大阪のアロマスクールでAEAJの検定を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AEAJは、公益社団法人日本アロマ環境協会(Aroma Environment Association of Japan)の略称です。アロマテラピーに関する正しい知識の普及と、専門的な人材育成に貢献し、国内唯一の公的資格検定を実施しています。検定を受け、資格を取得すれば、スペシャリストとして活動することができます。
AEAJの検定には、1級と2級があります。1級に合格し、講習会を受講すると、アドバイザーの資格が得られます。アドバイザーの資格取得後、必須履修科目を修了すれば、インストラクターやセラピストの資格を得ることができます。精油を組み合わせて香りを創作するブレンドデザイナーや、ハンドトリートメントを提供するハンドセラピストの資格認定なども実施されており、スペシャリストを目指す人の登竜門となっています。大阪にはAEAJが認定するスクールがあり、各資格試験の履修科目に対応しています。

AEAJの活動

AEAJは、アロマテラピーの健全な普及のために、さまざまな活動を行っています。検定の実施と認定スクール制度は、プロフェッショナルな知識や技術の啓蒙に与り、未来に向けた人材育成を推進しています。認定スクールに通い、資格を取得し、いろいろな形でアロマの仕事に就く人は少なくありません。認定スクールとは、AEAJが定める条件をクリアし、AEAJの標準カリキュラムを設置するスクールを指します。各種資格検定に必要な履修科目を受講するシステムが、きちんと整えられた機関です。一般的な履修科目コースは、およそ半年から1年の期間で設定されていますが、大阪のスクールには短期集中型のコース、通信講座コースもあり、ライフスタイルに合わせてコースを選択することができます。
アロマを通じたボランティアやイベントの開催、子供を対象とした香りの体験教育など、AEAJの活動は多岐にわたっています。独自の研究機関を置き、学術調査研究にも力を注いでいます。

認定スクールの講座

AEAJ認定スクールのカリキュラムは、あらゆる資格検定に必要な履修科目に対応しています。たとえば、インストラクターの資格を取得するには、アドバイザーの資格を持っていなければなりません。アドバイザー資格の取得には、検定1級に合格する必要があります。段階を経て、アロマのスペシャリストが育成されていくシステムがわかると思います。大阪の認定スクールでは、検定1級合格者が受講すれば、自動的にアドバイザー資格を取得できる講習会が定期的に開かれています。
もちろん、インストラクターやセラピスト、ハンドセラピストの資格取得に対応した講座もあります。国家資格保有者によるレベルの高い学術講義、実践に役立つ技術講習など、その内容は非常に充実しています。