大阪のアロマスクールの講師たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪のアロマスクールには、レベルの高い講師が揃っています。未来の人材育成に向け、しっかりした教育を担う布陣が敷かれています。アロマテラピーは、人の体と心にアプローチする自然療法であり、他者の健康と美容を支える概念です。使用される天然素材は、人体や環境に優しい植物です。アロマの仕事に携わる人には、解剖生理学や病理学、植物学などの専門的な知識が備わっています。
大阪のスクールの中には、鍼灸師や柔道整復師といった国家資格を有する講師が在籍するところもあります。正しい知識の普及に努め、初心者にも、資格の取得を目指す人にも、わかりやすい講座が開かれています。スクールで勉強し、資格を取得した人は、教える側にまわることができます。身に付けた知識や技術を活かす、さまざまな活動の場が広がっています。

講師が教えられること、伝えられること

インストラクターやセラピストの資格を取得すれば、アロマテラピーを教える仕事に就くことができます。豊富な知識を要する現場はたくさんあり、優秀な人材は常に求められています。ショップでは、商品についてきちんとレクチャーできる高い接遇能力が必要です。サロンのトリートメントには、症状に応じた高い技術が駆使されています。さまざまな植物を使ったエッセンシャルオイルは、200種類以上ともいわれ、一つひとつ効能が異なります。それらを詳しく説明し、使い分けられる能力は、ショップやサロンで高く評価されます。
自身が学んだスクールのような機関で、教育に携わるケースも考えられます。実際に講師として働いたり、地域で香りの体験教育を行ったり、アロマを広く一般に伝えます。

社会貢献からQOL向上まで

アロマの講師は、能力を活かして地域や社会に大きく貢献します。また、美しい体と心を育む、クオリティ・オブ・ライフの向上を牽引します。天然素材である植物の香りは、人の暮らしを豊かで上質なものに導くでしょう。
「香育」と呼ばれる活動は、学校や公共施設などで、子供たちに香りを通して情操教育を行うものです。大阪のスクールに学び、講師となった人が、こうした活動の中心となっています。医療や福祉の現場で、ボランティア活動に携わる講師もいます。現在、病と向き合う人や高齢者が、穏やかな日常を過ごすために、あるいは根源的な癒しを得るために、アロマテラピーの技術が活用されています。被災地を支援する活動にも、アロマの講師が携わっています。仮設住宅や復興イベントでトリートメントを提供し、被災者を癒しているのです。