大阪のアロマスクールの講師たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪のアロマスクールには、レベルの高い講師が揃っています。未来の人材育成に向け、しっかりした教育を担う布陣が敷かれています。アロマテラピーは、人の体と心にアプローチする自然療法であり、他者の健康と美容を支える概念です。使用される天然素材は、人体や環境に優しい植物です。アロマの仕事に携わる人には、解剖生理学や病理学、植物学などの専門的な知識が備わっています。
大阪のスクールの中には、鍼灸師や柔道整復師といった国家資格を有する講師が在籍するところもあります。正しい知識の普及に努め、初心者にも、資格の取得を目指す人にも、わかりやすい講座が開かれています。スクールで勉強し、資格を取得した人は、教える側にまわることができます。身に付けた知識や技術を活かす、さまざまな活動の場が広がっています。

講師が教えられること、伝えられること

インストラクターやセラピストの資格を取得すれば、アロマテラピーを教える仕事に就くことができます。豊富な知識を要する現場はたくさんあり、優秀な人材は常に求められています。ショップでは、商品についてきちんとレクチャーできる高い接遇能力が必要です。サロンのトリートメントには、症状に応じた高い技術が駆使されています。さまざまな植物を使ったエッセンシャルオイルは、200種類以上ともいわれ、一つひとつ効能が異なります。それらを詳しく説明し、使い分けられる能力は、ショップやサロンで高く評価されます。
自身が学んだスクールのような機関で、教育に携わるケースも考えられます。実際に講師として働いたり、地域で香りの体験教育を行ったり、アロマを広く一般に伝えます。

社会貢献からQOL向上まで

アロマの講師は、能力を活かして地域や社会に大きく貢献します。また、美しい体と心を育む、クオリティ・オブ・ライフの向上を牽引します。天然素材である植物の香りは、人の暮らしを豊かで上質なものに導くでしょう。
「香育」と呼ばれる活動は、学校や公共施設などで、子供たちに香りを通して情操教育を行うものです。大阪のスクールに学び、講師となった人が、こうした活動の中心となっています。医療や福祉の現場で、ボランティア活動に携わる講師もいます。現在、病と向き合う人や高齢者が、穏やかな日常を過ごすために、あるいは根源的な癒しを得るために、アロマテラピーの技術が活用されています。被災地を支援する活動にも、アロマの講師が携わっています。仮設住宅や復興イベントでトリートメントを提供し、被災者を癒しているのです。

プロとして働くために大阪のアロマスクールで学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマテラピーを専門のスクールで学び、資格を取得した人は、何らかの形でアロマに携わる仕事に就いています。取得した資格によって活動範囲が異なるため、それぞれのスキルに応じた仕事となりますが、もっともベーシックな資格であるアドバイザーの場合、ショップに勤める人が多いようです。大阪には、アロマグッズを取り扱うショップがたくさんあります。植物の香り成分を調合したエッセンシャルオイルと、オイル用のアイテムが並び、店員の豊富な知識で業務が成り立っています。香りを拡散させるディフューザー、オイルをたらして使うストーンなどが人気の商品です。
インストラクターやセラピストの資格を持つ人は、サロンでトリートメントの技術を提供しています。訪れる人の症状に合わせてオイルを選んだり、選んだオイルを使って全身をマッサージしたり、実践的なリラクゼーションを行います。

就職をサポート

大阪のアロマスクールは、受講者一人ひとりに手厚いサポートを行っています。入校希望者には、無料説明会やオープンスクールが実施されており、資格とコース選びに役立つアドバイスがなされます。AEAJ認定スクールなら、働きながら、あるいは子育てしながら勉強したい人が無理なく受講できるよう、さまざまなライフスタイルに合わせたスケジュールがプランニングされています。
在校中にカリキュラムを振り替えたり、休学できる制度を設けたスクールも見られます。カリキュラムを修了し、資格を取得した人には、提携する機関の求人が開示されます。ショップ情報はもちろん、サロンやスパを経営するスクールもあり、ショップで知識を活かして働きたい人、サロン勤務を希望する人は要チェックです。

自宅開業への道

ショップやサロン勤務の他、アロマセラピストの資格取得者には、自分自身のサロンを開業するという選択肢があります。大阪のスクールは、こうした開業志望へのサポートも積極的に行っています。
サロンの開業は、店舗賃借と自宅開業とに大きく分けられます。家賃や人件費を考慮しなければならない店舗開業に比べ、自宅開業は手軽に始められるメリットがあります。開業に必要な道具や商材を、卒業したスクールで調達できる場合もあり、準備期間や費用を最小限に抑えることができます。また、集客や広報のサポートを受け、サロンの規模を拡充する道が開けています。自宅開業は、自分の思い描く理想のサロンを実現するチャンスとなります。

資格を大阪のアロマスクールで取得する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマテラピーの知識や技術を学び、スペシャリストとして活動しようと思うなら、資格を取得しなければなりません。国内唯一の公益法人であるAEAJの検定では、各種資格認定を行っています。受験の条件を満たすには、AEAJが認定するスクールを選ぶ必要があります。大阪のスクールでは、資格取得に対応したコースが豊富に展開されています。
AEAJ以外にも、アロマテラピーのプロフェッショナルを育成する機関があります。IFPA、国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟です。イギリスに本部を置くアロマセラピスト協会で、世界的な水準の指針となっています。大阪のスクールには、IFPA認定資格に対応したコースを受講できるところもあります。イギリスのアロマテラピーは、教育機関と連携した活動を行っており、医療や介護の現場にも資格保有者の能力が活かされています。

資格があればできること

検定によって得られる資格には、さまざまなものがあります。アドバイザーの資格保有者は、職場や地域の活動にアロマを導入することができます。インストラクターの資格保有者は、スクールやカルチャー教室で講師を勤めることができます。セラピストの資格保有者であれば、病院や施設でトリートメントを提供することもできるようになります。同じように、ハンドセラピストの資格保有者には、第三者へのハンドトリートメント提供が認められています。
ブレンドデザイナーの資格保有者は、さまざまな精油を組み合わせて、オリジナルのエッセンシャルオイルを創作することができます。いずれの資格も、専門のスクールでしっかり知識を習得し、技術を磨いた人に与えられるものですが、もう少し簡易な資格も設定されています。ナチュラルビューティスタイリスト・環境カリオスタは、オンライン上の試験に合格すれば得られる資格です。大阪のスクールは、こうしたすべての資格検定に対応しています。

手軽な資格、プロフェッショナルの資格

ナチュラルビューティスタイリストは、アロマの基礎を学び、生活に取り入れるための資格です。検定はインターネットで行われ、パソコンやスマートフォン、タブレットでの受験が可能となっています。環境カリオスタも、インターネットの受験によって得られる資格で、植物の香りを通じたエコロジー活動に能力を活かすことができます。大阪のスクールが実施するコースを受講すれば、手軽にこれらの資格を取得することができ、QOL、クオリティ・オブ・ライフの向上に繋がります。
いっぽう、イギリスIFPAが認定する資格には、メディカルアロマセラピストがあります。こちらは、徹底的な自然療法の教育によって、医療や介護の現場に貢献する人材を輩出しています。IFPAの資格取得をサポートする大阪のスクールでは、解剖生理学や病理学に基づいた講座や、実際の症例に役立つワークショップを体験することができます。

大阪のアロマスクールでAEAJの検定を目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AEAJは、公益社団法人日本アロマ環境協会(Aroma Environment Association of Japan)の略称です。アロマテラピーに関する正しい知識の普及と、専門的な人材育成に貢献し、国内唯一の公的資格検定を実施しています。検定を受け、資格を取得すれば、スペシャリストとして活動することができます。
AEAJの検定には、1級と2級があります。1級に合格し、講習会を受講すると、アドバイザーの資格が得られます。アドバイザーの資格取得後、必須履修科目を修了すれば、インストラクターやセラピストの資格を得ることができます。精油を組み合わせて香りを創作するブレンドデザイナーや、ハンドトリートメントを提供するハンドセラピストの資格認定なども実施されており、スペシャリストを目指す人の登竜門となっています。大阪にはAEAJが認定するスクールがあり、各資格試験の履修科目に対応しています。

AEAJの活動

AEAJは、アロマテラピーの健全な普及のために、さまざまな活動を行っています。検定の実施と認定スクール制度は、プロフェッショナルな知識や技術の啓蒙に与り、未来に向けた人材育成を推進しています。認定スクールに通い、資格を取得し、いろいろな形でアロマの仕事に就く人は少なくありません。認定スクールとは、AEAJが定める条件をクリアし、AEAJの標準カリキュラムを設置するスクールを指します。各種資格検定に必要な履修科目を受講するシステムが、きちんと整えられた機関です。一般的な履修科目コースは、およそ半年から1年の期間で設定されていますが、大阪のスクールには短期集中型のコース、通信講座コースもあり、ライフスタイルに合わせてコースを選択することができます。
アロマを通じたボランティアやイベントの開催、子供を対象とした香りの体験教育など、AEAJの活動は多岐にわたっています。独自の研究機関を置き、学術調査研究にも力を注いでいます。

認定スクールの講座

AEAJ認定スクールのカリキュラムは、あらゆる資格検定に必要な履修科目に対応しています。たとえば、インストラクターの資格を取得するには、アドバイザーの資格を持っていなければなりません。アドバイザー資格の取得には、検定1級に合格する必要があります。段階を経て、アロマのスペシャリストが育成されていくシステムがわかると思います。大阪の認定スクールでは、検定1級合格者が受講すれば、自動的にアドバイザー資格を取得できる講習会が定期的に開かれています。
もちろん、インストラクターやセラピスト、ハンドセラピストの資格取得に対応した講座もあります。国家資格保有者によるレベルの高い学術講義、実践に役立つ技術講習など、その内容は非常に充実しています。